寒い日が続きますね。

モールのリニューアル等があり 昨年末からちょっとばたばたしていて 暫くショップブログにご無沙汰して
しまいました。

もう今年2012年の初めての月も そろそろ終わるのですね。あっという間の一ヶ月でしたが
今年一年が平和な年であって欲しいというのが みんなの共通の願いではないでしょうか。

色々大変な事があったからこそ 心を癒してくれる 美しいものに魅かれるのも私達の自然な心の動き
だと感じます。

今日は久し振りに 私のお気に入りのジュエリーをご紹介させて下さい。

b0143150_17191128.jpg
b0143150_17195396.jpg


丁度1900年初め頃 エドワーディアンと呼ばれる時代の天然真珠とプラチナを素材にした 清楚で気品溢れる指輪です。
b0143150_1722246.jpg


裏側もこんなに綺麗に造られています。

養殖真珠とは違った天然ならではの巻きの厚さと鈍い光沢。

天然真珠が大好きな私としては ひと目見た瞬間から心を奪われた指輪です。

倫敦の業者に聞くと インドの経済発展を受けて あちらのお金持ちが天然真珠を買いまくっているとか。
そういえば昔のマハラジャの肖像画を見ると 富と権力の象徴として 天然パールをつけまくっていますよね。

勿論ヨーロッパの貴族にも珍重されてきた天然パール。

ネックレスも何点か店にありますので ご興味のある方は是非いらして下さいね。

今村
[PR]
by ginza-antique | 2012-01-24 17:29 | ギャラリーアルバ