カテゴリ:ギャラリーアルバ( 15 )


桜前線も北上していて 今月の初めから英国買い付けにでかけていた私は 今年も桜見の時期を
逸してしまいました。
ちょっと残念・・・

でも今回 はじめてソールズベリーやストーンヘンジを訪れて来ました。

b0143150_1714664.jpg
b0143150_1714564.jpg


遺跡だけではなく 今回手に入れた中世の珍しい指輪をご紹介します。

b0143150_1716412.jpg
b0143150_17171711.jpg
b0143150_1717396.jpg


中世の時代14世紀ごろのブロンズ台にガーネットを填めこんだ なかなか趣きのある指輪です。

ブロンズ台には模様が刻まれています。
かなり小さいサイズなので小指用だったかもしれません。

金台にダイヤのアンティークリングも素敵ですが たまにはこういう野趣のある中世の指輪も
付けてみたくなりますね。

ゴールデンフェスタにモールへ是非足を運んでいただいて 美術館や博物館とは又一味違う
時間を楽しんで下さいね。


ギャラリーアルバ
今村
[PR]
by ginza-antique | 2012-04-22 17:24 | ギャラリーアルバ

寒い日が続きますね。

モールのリニューアル等があり 昨年末からちょっとばたばたしていて 暫くショップブログにご無沙汰して
しまいました。

もう今年2012年の初めての月も そろそろ終わるのですね。あっという間の一ヶ月でしたが
今年一年が平和な年であって欲しいというのが みんなの共通の願いではないでしょうか。

色々大変な事があったからこそ 心を癒してくれる 美しいものに魅かれるのも私達の自然な心の動き
だと感じます。

今日は久し振りに 私のお気に入りのジュエリーをご紹介させて下さい。

b0143150_17191128.jpg
b0143150_17195396.jpg


丁度1900年初め頃 エドワーディアンと呼ばれる時代の天然真珠とプラチナを素材にした 清楚で気品溢れる指輪です。
b0143150_1722246.jpg


裏側もこんなに綺麗に造られています。

養殖真珠とは違った天然ならではの巻きの厚さと鈍い光沢。

天然真珠が大好きな私としては ひと目見た瞬間から心を奪われた指輪です。

倫敦の業者に聞くと インドの経済発展を受けて あちらのお金持ちが天然真珠を買いまくっているとか。
そういえば昔のマハラジャの肖像画を見ると 富と権力の象徴として 天然パールをつけまくっていますよね。

勿論ヨーロッパの貴族にも珍重されてきた天然パール。

ネックレスも何点か店にありますので ご興味のある方は是非いらして下さいね。

今村
[PR]
by ginza-antique | 2012-01-24 17:29 | ギャラリーアルバ

4月29日(金)-5月5日(木)迄

アンティークモール銀座ではチャリティバザールを開催しています。
売り上げの一部を東日本大震災の義捐金にまわし 少しでもアンティーク好きな私達ができる事を
無理なくしていけたらと思います。

アルバでも期間中はセールをいたします。
期間中の売り上げから やはり一部を義捐金にまわそうと思っております。

ところで先日のロンドンでの買いつけで 可愛いペンシルを手に入れました。

b0143150_18293468.jpg


梟の珍しいペンシルで素材はセルロイド、つぶらな瞳はガーネットです。

b0143150_18313367.jpg


この愛らしい姿のペンシルを見て思わず微笑んでしまいました。
どんな人がこれをオーダーしたのでしょうか?
知恵の象徴でもある梟に 悩み多き私としては 人生指南のお知恵を拝借したいです。

この他に私の持っているペンシルは・・・
b0143150_1835278.jpg


19世紀から遊び心を持って さまざまなデザインのペンシルが作られました。
大切に受け継がれてきたアンティーク達。

こうして残っているのは ある意味奇跡といえるのかもしれませんね。

アルバ
今村
[PR]
by ginza-antique | 2011-04-23 18:38 | ギャラリーアルバ

新年明けましておめでとうございます。

といっても既に一月も半分過ぎてしまいましたが・・・

いやー 寒いですね。外出すると 寒さが身に沁みます。

そこで今日はちょっと暖かな気持ちになれる ウェディングでもお洒落な花婿の胸に飾る事の多い
ポジーホルダーをご紹介します。

素晴らしい金のカンティーユ技法を使ったアンティークならではの逸品。

b0143150_15105364.jpg


もともとは手に持つようにできていて ハイキャラットゴールド(多分20金)のチェーンと環が細い棒の先に付いていました。
でも保存状況があまり良くなくて ホルダーの下部がかなり壊れていたんです。

折角こんな美しい精緻な細工で造られたものをなんとか生き返らせたくて 下部を18金でカバーして
貰い 18金のピンを付けて 再生したブローチです。

b0143150_15213821.jpg


b0143150_1522201.jpg


このホルダーにどんな花を活けたら 似合うでしょうか?

皆様も想像してみて下さいね。

ギャラリー アルバ
今村
[PR]
by ginza-antique | 2011-01-16 15:23 | ギャラリーアルバ


 12月に入り 街はクリスマスモード。

モールも10日からは全館あげてのクリスマスセールに突入します。

さて こんな可愛い猫ちゃんのワインオープナーが英国からやってきました。
b0143150_1822164.jpg


   僕の尻尾で美味しいワインボトル開けちゃうよ
    ワインのない時はリングでも掛けといて

って言ってるような・・・

 あれっ 隣にいる叔父さんは誰?

これは同じく英国からやって来た 英国紳士?の胡桃割り人形。

ちょっと重いけど デスクの上にさりげなく置いて ペーパーウェイトとしても使えそう。

なかなかユニークなクリスマスプレゼントですよね。

ギャラリーアルバ
[PR]
by ginza-antique | 2010-12-07 18:33 | ギャラリーアルバ

春だというのに なかなか春めいてきませんね。
今日も冷たい雨が降ってきちゃいました。

今日はそんな憂鬱な天気を吹き飛ばしてくれるような ユーモアに溢れた可愛いヴィクトリアンペンシルを
ご紹介します。

19世紀の英国では とっても面白いペンシルが沢山作られました。

今では絶対に無いよね といった創意溢れるペンシルの数々。

ヴィクトリアンペンシルズというコレクター本も出版されています。

私もすっかり嵌りそうですが残念ながら 今ではなかなか市場で手に入りません。

その中でもお気に入りの一品。

b0143150_1832022.jpg


普段はこんな格好ですが お尻の先っぽを掴んで引いてあげると あら不思議 お口から
ジョジョにペンシルが出てきます。
b0143150_1861146.jpg


こんな感じです。
b0143150_1871724.jpg


全長80mm位の小さな豚ちゃんですが しっかりしたボディは野生の豚をおもわせます。

目下の私の一番のお気に入りです。

彼に会いたい方は是非モールへいらして下さいね。

丁度今月29日から5月4日まで 銀座蚤の市を開催中!
[PR]
by ginza-antique | 2010-04-27 18:11 | ギャラリーアルバ

こんにちは!

街はすっかりクリスマスモード。

12月の初めにロンドン買い付けから帰ってきましたが ロンドンの街もクリスマス一色。

ブティックもパーティドレスがメインで飾られ オックスフォードストリートには綺麗なイルミネーションが瞬き
こちらの気持ちも浮き立ってくるようです。

b0143150_1610188.jpg
b0143150_16112062.jpg


今回パーティドレスにピッタリの シックで華やかなブローチ見つけました。

b0143150_1613382.jpg


b0143150_16195856.jpg

1870年から80年代位のフランスの ローズカットのダイヤと黒エナメルを組み合わせた とても
お洒落なブローチです。

これを胸元の空いた単色のドレスに合わせてチョーカー風に頚もとに飾ったら 本当にエレガントな
ちょっと大人の女性の魅力が楽しめると思います、

実物をご覧になりたい方は モール一階のギャラリーアルバまで ご来店下さい。

今モールは25日まで クリスマスセール真っ最中です。
[PR]
by ginza-antique | 2009-12-20 16:20 | ギャラリーアルバ




こんにちは。

アルバの今村です。今月初めには夏休みを兼ねて 英国へ行ってきました。

毎日蒸し暑い日が続きますが 英国の夏はからっとして 日射しが強い日でも 夕方に
なると 涼しい風が吹いて 過ごしやすいです。

今日はそんな暑さの中 愛用なさっている方も多い扇子のご紹介。

といっても浴衣に団扇ならぬ 夜会服に扇子という風情の 昔日の西洋軒婦人が優雅に
手にしたであろう 手描きn芸術的扇子です。
b0143150_1458530.jpg
b0143150_14584356.jpg


柄の部分は白蝶貝で天使像を型取り それに金彩を賭けてあります。

b0143150_15592879.jpg


18世紀ロココの時代らしい華やかな絵図で この扇子外地米の宮廷画のようにその当時の
雰囲気をいきいきと伝えてくれます。

とても実際に使う気にはなれませんが 当時を偲ばせる美術工芸品として手元に置かれるのも
素敵ではないでしょうか。

b0143150_16261684.jpg


こちらは扇子の裏側の絵です。

他にもいくつかアンティークの扇子がありますのでご興味のある方は是非ご来店下さい。
[PR]
by ginza-antique | 2009-08-17 16:28 | ギャラリーアルバ

アルバは基本的にはアンティークジュエリーが専門ですが 私が色々雑貨も好きなので
買い付けに行く度に文房具や財布、コインケースや小さなお裁縫道具等、細々としたものを
買ってきています。

今回もちょっと面白い小物を持ってきたので  皆様にご紹介させて下さい。

b0143150_17471616.jpg


鼈甲素材に金銀で象嵌細工したピクェと呼ばれる技法を使っています。

これは裏側が鏡になっていて 珍しいピクェのミラーペンダントになっています。

かなり大きなものですが 大柄な方なら十分アクセサリーとしても使いこなして頂けると思います。

裏のミラー部分は写真に撮ると反射してしまうので 表側だけご紹介しました。

実物を見たい方はどうぞモールまで足をお運び下さいね。
[PR]
by ginza-antique | 2009-03-10 17:53 | ギャラリーアルバ

めっきり寒くなりました。

これからの季節 厚手のコートが必要ですね。
でも 紅葉も美しく またコンサートや観劇など 芸術を楽しむ季節でもあります。

そんな訳で 今回は とっても珍しいオペラグラスをご紹介します。

オペラグラスといえば 貴婦人が優雅に手に取る白蝶貝やエナメル絵付けの美しい
(鼈甲製の物もあります。)物が目に浮かびます。

でも 今回ご紹介するオペラグラスは素材も真鍮に銀、かなりどっしりと重みが
あり 模様も立体的です。

b0143150_12463769.jpg


17世紀、三銃士に出てきそうな 騎士と貴婦人のファッションが 筒の部分に360度 飾られて
います。

b0143150_1249254.jpg


まるで彫刻のように立体的で この時代を彷彿とさせる 面白いオペラグラス。

この重量感からいって 華奢な貴婦人では無く 男性用にオーダーで造られたものでしょうね。

b0143150_12532591.jpg


実際に手に取ってじっくり眺めたい方は 是非モール一階右手奥にある ギャラリーアルバまで
足をお運び下さいね。
[PR]
by ginza-antique | 2008-11-21 13:03 | ギャラリーアルバ